東京・障害年金専門の社会保険労務士が申請をサポート

障害年金受給サポート

当サロンで提供している受給までのサポートメニューです。
障害年金のプロフェッショナルとして
より多く一日でも早く、常に上位の等級・遡及を目指します。

メールで無料受給判定

特定社会保険労務士の石塚です。
必要とする方が正当に障害年金を受給できるように、私が最後まで責任持って対応いたします。

必要な内容をフォームにご入力ください。
無料で障害年金の受給判定をいたします。

お問合せの多い障害(うつ・精神障害など)に関しては、より的確な診断をするため、それぞれに専用フォームも用意しておりますのでご活用ください。
【障害別】障害年金受給判定フォームへ

障害別事例&ポイント

障害年金の請求をするかどうか、社労士に依頼するかどうか、迷った時は下記の事例やポイントを参考にしてください。

▼ 障害別事例
うつ病 | 脳梗塞・脳出血 | 人工透析 | てんかん | 双極性障害 | 統合失調症 | 知的障害 | 慢性疲労症候群 | がん | 発達障害 |網膜色素変性症 | 難病 | 事故 | その他

▼ 障害別受給のポイント
てんかん | 双極性障害 | 統合失調症 | 知的障害 | 発達障害 | 慢性疲労症候群 | がん | 網膜色素変性症 | 難病| 事故 | その他

よくあるご質問

お問合せいただいた内容の一部をご紹介します。さらに詳しい内容は下記ボタンよりご参照ください。

障害年金受給の可能性があるかどうか判断していただくことはできますか?
初診日の情報と今の病気やケガの障害の程度をお聞きし、専門の社会保険労務士が障害年金を受給できる可能性があるかどうかを判断いたします。なお、障害年金は業務を進めてみて初めて判明する事実もあるため、最初の見通しと変わってくる場合もあります。
自分自身で障害年金の手続きを行うことはできますか?
初診日の証明に問題がない場合で、かつ、上下肢の離断や失明のように障害の程度がはっきりしている場合であれば、時間と労力はかかりますがご自身で手続きを行っても受給できるケースはあります。しかし、うつ病や発達障害等の精神疾患や脳梗塞やがんのような内部疾患の場合には、低い等級で認定されたり、不支給という結果にもなり兼ねません。また、初診日の病院でカルテが破棄されているような場合には初診日が認められず却下(門前払い)という決定になる場合があります。
依頼する社労士を選ぶポイントを教えてください
障害年金の請求は受給するまでには数か月以上もかかり、社労士とのやり取りも多く、二人三脚で受給というゴールを目指すものです。人としての相性や信頼関係が最も重要になる業務ですので、「この社労士と信頼関係を築けるか」「話しやすい社労士か」「本音で話せるか」という点を重視し、その次に「困難な案件を扱っているか」「実績があるか」という点で選ぶことをおすすめいたします。
障害年金申請について重視していることはありますか?
何よりも「信頼関係」です。障害というセンシティブなことを社労士に包み隠さず話してくれ、全面的に頼ってくれ、二人三脚で一緒に進めていけるお客様のために、「障害年金受給」という最高の結果を出そうと思っています。そのためには、お客様が社労士を信頼でき、社労士がお客様を信頼するという関係性が欠かせません。
体調が悪いため、面談に行くことができません。面談しないで依頼をすることはできますか?
体調が悪かったり障害の程度が重く面談にお越しいただけない場合には、面談をせずに障害年金サポートをすることは可能です。
通常面談でさせていただくヒアリングやご契約の締結については、郵送・メール・電話等で行います。

※2020.5 現在は新型コロナウィルス感染防止のためメール・電話で業務を行っております。
他の社労士に障害年金申請を依頼したのですが、あまり話を聞いてくれず説明もなく不安です。相談に乗っていただけますか?
障害年金専門の社労士は、対応や進め方や業務のきめ細やかさが一人一人全く違います。障害年金は受給決定までに半年~1年近くかかりますので、どんなことでも話しやすく、親身、丁寧、密な連絡ができる社労士だと安心です。電話相談での対応や明るさ、面談での第一印象や話しやすさを重視されたら良いと思います。
障害年金申請手続きの代行を依頼することで、周りに病気を知られることはありませんか?
社会保険労務士には守秘義務があります。(社会保険労務士法第21条)そのため、電話やメールのご相談から代行業務に至るまで一切の情報が第三者に漏れることはありません。
また、障害年金を受給した後も、勤務している会社が障害年金を受給している事実を知ることはありません。
よくあるご質問