病名脳出血(右視床出血)
地域東京都
性別男性
年齢50代

ご相談時の状況

右視床出血で左半身に麻痺が残り、初診日から6か月経った頃に当事務所にご相談いただきました。
既にリハビリは終了し、仕事にも復帰しようとしている状態で、お話の内容から症状固定されていると思われました。

社労士による見解

肢体の障害としては左上下肢をほとんど使うことができず、歩行困難であることから2級以上には該当すると判断しました。
初診日から6か月経過した日以後に、医学的観点からそれ以上の機能回復がほとんど望めない症状固定と思われ、障害認定日の特例を使ってすぐに障害年金の請求準備ができるとご説明いたしました。

障害年金申請に至るまでの経過

現在の主治医に診断書作成を依頼したところ、既に左上下肢は症状固定と診断され、出来上がった診断書を見ると2級は確実で、1級に認定されてもおかしくない内容でした。

結果

症状固定も認められ、初診日から6か月で肢体の障害1級を受給することができました。
脳血管疾患で症状固定と診断された場合には、初診日から1年6か月経過していなくても障害年金を請求することができるということを、まだまだ知らない病院や医師が多いのが現状です。

障害年金を必要とする方にとっては、1ヶ月分でも多く年金が受給できれば経済的にも助かると思いますので、諦めずに病院や医師の理解を得ることが重要です。

認定結果

障害厚生年金1級(障害認定日の特例)
年金額 約250万円