病名脳出血(左被殻出血)
地域東京都
性別女性
年齢50代

ご相談時の状況

夕食後に自宅で突然倒れ、救急搬送され、脳出血と診断されてから数日間意識が戻らなかった方です。
意識が戻った時には、四肢全てが動かず、言葉を発することもできず、寝たきり状態が続いていました。リハビリを始めてからは徐々に左上下肢は動かすことができるようになり、会話ができるようになりましたが、右上下肢は全く自力では動かせない状態でした。
やっと車いすに乗ることができるようになったところで退院し、初診日から6か月が経とうとする時に、当事務所には傷病手当金の申請についての相談をいただき、障害年金の請求代理をすることになりました。

社労士による見解

車いすから降りることはできず、右手は動かすどころか温度を感じる感覚すらないとのことで、肢体の障害の2級以上には確実に該当していると判断できました。
短期間で病院を転々としていることと、ちょうど次に転院する病院を探している最中だったことで、診断書を作成していただける病院かどうかの見極めや、症状固定の診断をしてもらえるかどうかが難しいポイントだと思われました。

障害年金申請に至るまでの経過

まずはこれから転院する病院を探してもらい、主治医と信頼関係を築いてもらうことをお願いし、タイミングを見計らって障害年金の診断書作成を依頼しました。
ただ、それまで受診していた病院とは違い、町の小さなクリニックだったため、まずは障害年金の制度や障害認定基準についてある程度理解していただき、障害年金でいう症状固定とはどういうことで、どんな効果があるのかについてもお伝えしました。
時間はかかりましたが、快く診断書作成をしていただくことができました。

結果

初診日から6か月を障害認定日として症状固定が認められ、2級に認定されました。
傷病手当金の支給と重なる期間が出たため、併給調整により数か月分の傷病手当金は返還することとなりましたが、傷病手当金をもらっている方は今回の事例のように、多少の重複期間を持たせるように障害年金の請求準備を進めることにより経済的に不安がなくなるのでおすすめです。

認定結果

障害厚生年金2級(障害認定日の特例)
年金額 約210万円