病名 うつ病
地域 神奈川県
性別 男性
年齢 50代

ご相談時の状況

うつ病により何度も休職を繰り返し、休職期間満了に伴い退職された方でした。

本人から電話で当事務所にご相談いただきましたが、とてもはきはきと明るく話していたので、最初はそこまでうつ病の状態が重くないのではないかと思いました。

電話だけではわからないことがありますので、少し遠方ではありましたが面談にお越しいただくようお願いしました。

社労士による見解

本人と奥様と面談をしたところ、とても明るく話してくださり、その場では本当に抑うつ状態が酷いのかわかりませんでした。本人の話している内容と奥様の話している内容が真逆で、ヒアリングしている私も混乱し、面談ではうつ病の状態の把握をすることができませんでした。

最初に障害年金の受給可能性や等級の見通しが立たないことは基本的にはありませんが、この時ばかりは見通すことはできませんでした。進めていくうちに把握していこうと腹をくくりました。

障害年金申請に至るまでの経過

依頼を受けて、本人とメールや電話でのやり取りを始めたところ、最初のうちは順調に進んでいました。

しかしある時からメールの文章もおかしくなり、電話で話をしても私の話が理解できないのか、意思疎通が難しくなりました。奥様に聞いたところ、これが本来の姿だということでした。ここ数年はほとんどこんな調子で、突然何もできなくなり、話もできなくなり、動けなくなるそうです。

やっと本人のうつ病の症状の重さがわかり、その後は奥様に協力を仰いで診断書作成依頼をしていきました。

結果

障害認定日での遡及請求が2級で認められました。遡及額と年金額を合わせると1,000万円以上にもなり、今後はのんびりと療養しながら老後の生活を楽しみたいとおっしゃっていました。

認定結果

障害厚生年金2級(遡及
障害認定日(遡及)約860万円
年金額 約190万円

avatar
ピオニー
うつ病の病歴が長い方の場合には、ご本人がその状態に慣れてしまい、ヒアリングをしてもうつ病の程度が軽い印象を受けることがあります。
それは主治医も同じように感じていることが多く、障害年金の診断書作成を依頼した場合にとても軽い障害状態の診断書ができてしまう原因にもなるのです。