病名 うつ病
地域 埼玉県
性別 男性
年齢 50代

ご相談時の状況

8年程前から職場でのパワハラやいじめによりうつ病を発症し、休みながらもギリギリの状態になるまで働いていました。仕事中に何度も失禁をしてしまうことがあり、その度に同僚から嘲笑や嫌がらせをされ、どんどんうつ病の状態が酷くなりました。

しかし、同居している母親を経済的に支えなければならず、どうしても退職することができなかったそうです。ついに休職期間満了に伴い退職せざるを得なくなり、どうにか障害年金を受給できないかと当事務所にご相談いただきました。

社労士による見解

心身ともに疲れきった様子で面談にいらっしゃいました。発症から現在までの病歴と仕事や日常生活の様子をヒアリングしたところ、抑うつ状態や意欲低下、不安感、不眠が酷く、現在は2級に該当すると判断できました。

障害認定日頃は休みがちだったものの、なんとか一般就労ができていたので、障害認定日での遡及は難しいかもしれないと思いましたが、障害年金は進めてみないとわからないことが多いため、まずは障害認定日の請求を目指してみようと考えました。

障害年金申請に至るまでの経過

本人から聞いたうつ病の初診日に通院していた病院に受診状況等証明書を依頼したところ、問題ない証明書を取得することができました。

その後障害認定日に通院していた病院に診断書作成を依頼したら、本人が把握している初診日よりも前に別の病院を受診していたことが判明しました。寝耳に水だったため本人に確認すると、本来の初診日を言いたくなかったため、あえて隠していたと打ち明けられました。

初診日を社労士に隠されていても、結局どこかのタイミングで辻褄が合わなくなり、わかってしまうことがほとんどです。受診状況等証明書の取り直しとなり、新たに発覚した病院で作成を依頼しました。

年金の加入記録を確認したところ、本来の初診日であっても厚生年金加入期間であり、年金の保険料納付要件も満たしているので、なぜ社労士に隠そうとしたのかはいまだにわかりません。

障害認定日頃のタイムカードを確認すると、月の半分は欠勤や早退で占められていたため、それを診断書にも記載していただきました。障害認定日の就労を審査側がどう判断するか、それ次第で遡及請求が認められるかもしれないと思いました。

結果

障害認定日に就労していても2級で遡及請求が認められました。途中でやり直しという事態にもなり、時間はかかりましたが完璧な決定内容だと思います。

認定結果

障害厚生年金2級(遡及)
障害認定日(遡及)約600万円
年金額 約120万円

avatar
ピオニー
障害認定日にはまだ正社員として在籍している場合、遡及請求が認められないことがあります。
しかし、働いていたかどうかで遡及請求を諦めるのではなく、障害認定日に障害状態であったかどうかという事実を元にしてしっかりと準備をすることによって、遡及請求が認められるケースがあるのです。