病名 うつ病
地域 東京都
性別 女性
年齢 50代

ご相談時の状況

うつ病の治療を続けても症状が良くならず、一人暮らしで頼る人もいないため、派遣社員で職を転々としていました。うつ病の状態が少し良くなると働き始め、また悪化して退職するというサイクルです。

生活に追われていて、障害者雇用枠での就労を目指すという余裕がなく、障害者手帳も取得していませんでした。本人の生活は借金をしながらの自転車操業でしたので、障害年金の制度をインターネットで知り、当事務所にご相談くださいました。

社労士による見解

面談中は泣きながら話すという状態で、必死で助けて欲しいという気持ちが伝わってきました。抑うつ、不安感、気分の波が大きい、イライラする、記憶力がない等により日常生活や仕事の支障があることはわかりましたが、初診日が厚生年金加入期間であっても現在が障害者雇用枠での就労ではないことがネックでした。

審査側が派遣社員という非正規雇用で転々としていることをどう捉えるか、正直やってみないとわからない部分もあり、障害年金受給の可能性は限りなく少ないものの、可能性がないわけではないと判断しました。障害認定日頃も現在と症状は同じ程度、むしろ少し重い状態でしたので、障害認定日からの遡及請求もできると思いました。

障害年金申請に至るまでの経過

就労の点以外はあまり難しい部分はないと思い着手したところ、すぐにその考えはへし折られました。現在通院している病院の主治医が、「あなたのうつ病は軽すぎる」「障害年金の診断書を書いても受給できませんよ」と言い、診断書作成を渋ったのです。

そこで、まずは障害認定日に通院していた病院で診断書依頼をし、その内容を見てから作戦を練ることにしました。障害認定日の診断書を取得したところ、なんと今まで知らなかった前医があることが判明し、初診日が前にずれることがわかりました。面談でも本人に前医があるかどうかを何度も確認しましたが、「前医はない」とのことで寝耳に水です。

前医は普通の内科だったので、念のためカルテを取り寄せたところ、そこではデパスや睡眠導入剤も処方され、不安神経症と診断されていました。

現在の主治医に診断書作成を依頼する際、どのように本人の口から症状や日常生活について伝えたら良いか社労士がシナリオを考え、本人とロールプレイングして完璧にできるようになってから主治医に依頼してもらいました。

結果

障害者雇用枠の就労ではありませんでしたが、障害認定日から3級の遡及請求が認められました。準備に通常より時間がかかり、本人も心が折れそうになったことが何度もあったようですが、その都度社労士と電話で話し、「絶対に障害年金をもらおう!」と励ましながら勝ち取った結果です。

障害年金の請求は、最初簡単だと思って進めてみると予想外の困難が待ち受けていることがあり、やってみないとわからないことが多くあります。

認定結果

障害厚生年金3級(遡及)
障害認定日(遡及)約200万円
年金額 約60万円

avatar
ピオニー
通常はうつ病で障害者雇用枠以外で働いている場合には、障害厚生年金3級も認められないことがほとんどです。
しかし派遣社員やパート等でも認められることがあり、個々の総合的な判断となります。