ここでは、人工透析で障害年金を受給した事例よりご紹介します。

病歴の長い方も多い人工透析での障害年金申請の問題点になりがちなのは主に「初診日の証明」です。状況が難しく、他の事務所で依頼したのに連絡が来なくなったといったケースもありました。時には「破棄しています」と病院側にあしらわれてしまうことも。

事実があれば受給基準に該当するので、ご自身で申請される方も多い障害ですが、下記のような可能性があれば、社労士の力を活用してください。

※また、ご自身で申立書まで作成された方は「診断書&申立書 提出前チェック」も行っております。

無料受給判定・相談フォーム

受給の可否を含めて、ご不明な点はこちらのフォームよりお問合せください。

フォーム画面へ