現在障害年金を受給されている方の障害状態確認届(診断書)の提出期限が、新型コロナウイルス感染症の影響により延長されることになりました。

延長期間

障害状態確認届の提出時期が、令和2年2月末から令和3年2月末までにあたる方は、提出期限がそれぞれ1年間延長となります。

すでに障害状態確認届(診断書)がご自宅に郵送で届いているケースもあると思いますが、令和2年7月から令和3年2月末が提出期限の方には、障害状態確認届(診断書)も郵送されません。

新型コロナウイルス感染症対策のため、病院によっては緊急性のない通院を控えるようにお願いしている場合もあり、障害状態確認届(診断書)の作成を依頼するのも難しい状況です。

等級は維持されます

延長された期間中は、今受給している障害年金の等級を維持したまま支給は継続されます。

しかし、障害の状態が重くなった場合など、障害等級の変更を希望する場合は、延長期間中でも手続き可能です。病院側に事情を説明して診断書をお願いし、手続きをしておきましょう。