障害者手帳は障害を証明するための手帳ですが、取得することにより様々な福祉サービスを受けることができます。
障害者手帳には、「身体障害者手帳」「療育手帳(知的障害者用)」「精神障害者保健福祉手帳」の3種類があり、障害の内容別に分かれています。

障害者手帳の種類

身体障害者手帳

身体障害者手帳が交付される障害は、視覚障害・聴覚障害・平衡機能障害・音声言語機能又は咀嚼機能の障害・肢体不自由・心臓機能障害・腎臓機能障害・呼吸器機能障害・ぼうこう又は直腸機能障害・小腸機能障害・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害・肝臓機能障害などがあります。
等級は1級から7級までで、1~2級は重度(特別障害者)、3級以下は中度・軽度(一般障害者)に区別されます。
また、7級単独の障害では身体障害者手帳は交付されません。

療育手帳

知的障害を持つ方に対して、一貫した指導や相談等が行われ、各種の援助措置を受けやすくする目的で発行されます。
療育手帳は都道府県や政令指定都市によって障害程度区分に違いがあり、手帳の名前も様々です。

東京都…愛の手帳(1度、2度、3度、4度)

埼玉県…みどりの手帳(〇A、B、C)

千葉県…療育手帳(〇A、Aの1、Aの2、Bの1、Bの2)

横浜市…愛の手帳(A1、A2、B1、B2)

精神障害者保健福祉手帳

対象となる病気は、統合失調症・躁うつ病・非定型精神病・てんかん・中毒精神病・器質精神病・その他の精神病(発達障害等)があります。

等級は重い順に1級から3級まであり、精神障害の状態は以下のように区分されています。

1級…日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの

2級…日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの

3級…日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活若しくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの

基準からすると、精神障害者保健福祉手帳の1級は障害年金の1級、手帳の2級は障害年金の2級と同程度と読み取れますが、実務上は必ずしも同じ等級になるとは限らない場合も多いです。

障害者手帳申請の流れ

身体障害者手帳の申請から交付について ~ 東京都の場合

① お住まいの市区町村の障害福祉担当窓口で、「身体障害者診断書・意見書」受け取り、医師に作成を依頼します。

②「身体障害者診断書・意見書」「交付申請書」「縦4㎝×横3㎝の写真」を揃えて、障害福祉担当窓口に申請をします。
※障害年金を今後申請予定の方は、診断書をコピーしていただくことをお勧めいたします。

② 申請をしてから通常1か月程度で身体障害者手帳が交付されます。

療育手帳(愛の手帳)の交付について ~ 東京都の場合

① 手帳の交付を受けるためには、心身障害者福祉センター及び多摩支所(18歳以上の知的障害者)、各児童相談所(18歳未満の知的障害児)の判定を受けます。

② 心身障害者福祉センター及び多摩支所で判定を受ける場合には、直接予約申し込みをします。

③ 児童相談所で判定を受ける場合には、お住まいを管轄する児童相談所に直接予約申し込みをします。

精神障害者保健福祉手帳の申請から交付まで

① お住まいの市区町村の担当窓口に次の書類を提出します。

・障害者手帳申請書
・診断書(障害者手帳用)
 又は、精神障害を支給事由とした障害年金もしくは特別障害給付金を現に受給していることを証する書類(年金証書)の写し
・縦4㎝×横3㎝の写真

② 連絡が来たら市区町村の窓口で受け取ります。
郵送での受け取りを希望の場合は、申請書類を提出する際に、返信用封筒が必要です。