障害年金の概要については、多くの情報がインターネット上でも公開されています。ここでは、お客様から寄せられた質問より「受給要件」に関する内容を集めました。障害内容ごとの詳しい情報は「障害別受給のポイント」にも掲載しておりますのでご確認ください。
※すべて当サロンにおける内容です。

Q
障害年金はいつまで受給し続けられるのですか?
A

障害年金は永久認定以外のほとんどの方が1~5年毎に診断書を提出し、審査を経て障害の状態が障害認定基準に該当する程度と認定されれば受給し続けることができます。しかし、頻繁に障害認定基準の改正もあるため、注意が必要です。

Q
就職したら障害年金は受給できなくなりますか?
A

就職すると障害年金は受給できないという規定はありませんが、就労できることにより障害の程度が良くなったと判断されて支給停止や級落ちすることはあります。

Q
生活保護を受けていますが障害年金も受給できますか?
A

制度としては、まずは障害年金が受給できるのであれば障害年金を受給し、差額を生活保護費として受給するということになります。

Q
配偶者の扶養に入っている場合でも障害年金を受給できますか?
A

障害年金を受給することはできますが、配偶者の前年の収入が850万円未満または所得が655万5千円未満でない場合には加給年金額はつきません。

Q
障害者手帳を持っていませんが、障害年金を受給できますか?
A

障害者手帳を持っていないと障害年金は受給できないと思われている方が多いですが、障害者手帳と障害年金は全く異なる制度であり、基準も等級も同じではありませんので、障害者手帳の有無に関わらず障害年金の基準に該当すれば受給できます。

Q
20歳前に初診日がある障害でも障害年金は受給できますか?
A

20歳前に初診日がある障害の場合には、保険料納付要件は問われませんので20歳前傷病の障害基礎年金を請求することができます。また、知的障害は初診日の受診状況等証明書も不要です。
(20歳前でも初診日に厚生年金の被保険者の場合には障害厚生年金になります)

Q
国民年金の保険料を払っていなかった時期がある場合、障害年金を受給できますか?
A

年金保険料の未納期間があっても、初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの直近1年間に未納がない場合や20歳以降に3分の1以上未納がない場合であれば障害年金を受給できます。

Q
障害認定日から5年以上経っているのですが、遡及はできますか?
A

障害認定日に通院していた病院にカルテがあり、当時の障害の状態を適切に表した診断書が取得できれば、障害認定日に遡って障害年金を受給することは可能です。ただし、時効がありますので最大で5年分になります。
障害認定日のカルテがあったとしても、カルテの記載内容が乏しかったり、当時の主治医がいない場合等は難しくなりますが、社会保険労務士であれば遡及できる確率は格段に上がります。

Q
インターネットを見て自分は発達障害だと確信しましたが、医療機関を受診していません。障害年金はもらえますか?
A

発達障害かどうかを診断できるのは医師のみです。まずは医療機関を受診し、診断を受けて治療を開始し、治療をしてもなお日常生活や労働に支障がある状態であった場合に障害年金の受給が可能かどうかを検討することとなります。

Q
大人になってから発達障害と診断されたのですが、障害年金はもらえますか?
A

大人になってから社会に出て生きづらさを感じ、初めて精神科を受診して発達障害と診断される方はとても多いです。障害年金の法律で定める障害の程度に該当していれば障害年金を受給することはできます。

Q
発達障害で障害年金の診断書作成を主治医に依頼をしたところ断られました。診断書を作成してもらえる病院を紹介してもらえますか?
A

社労士が障害年金の診断書作成のためだけに病院を紹介することはしておりません。社労士と医師との不適切な癒着は、社会保障制度である障害年金制度の公平性を欠く可能性があるからです。主治医が診断書作成を拒否するには理由があるはずですので、その理由を把握した上でどうすべきか検討しながら障害年金申請を進めていきます。

Q
発達障害とうつ病の2つの障害がある場合、両方を含めて障害年金申請をするのでしょうか?
A

発達障害とうつ病と診断されている場合には2つの障害を合わせて精神の障害として申請します。精神の障害用診断書に発達障害とうつ病の病名を併記し、ICD10コードもそれぞれ記載してもらいます。病歴・就労状況等申立書は生まれた時から遡って作成してください。

Q
障害年金を受給したいのですが、収入や資産があると受給できないでしょうか。
A

障害年金はどんなに収入や資産があっても、3つの要件を満たせば受給することができます。
しかし、20歳前に初診日がある傷病で障害年金を受給する場合には所得制限があります。

Q
10年前から人工透析を始めましたが、その時点まで遡って障害年金をもらうことはできますか?
A

初診日から1年6か月(1年6か月より前の場合は人工透析開始後3か月)経過時点で人工透析をしている場合には、その時に遡って障害年金を請求することができます。しかし、それ以降に人工透析を開始した場合には遡って障害年金を請求することはできません。

Q
65歳を過ぎてから人工透析を始めましたが、障害年金を受給することはできますか?
A

障害認定日請求をすることはできますが、障害認定日にはまだ人工透析を受けておらず、65歳を過ぎてから人工透析を受けるようになった場合には事後重症請求になりますので、障害年金を受給することはできません。

Q
うつ病でも何とか働いているのですが、働いていると障害年金はもらえませんか?
A

働いていると障害年金が受給できないということは法律で明文化されておりません。しかし、「働けている」=「障害の程度が軽い」と見なされることがあります。障害年金が受給できるかどうかは、仕事の内容や職場での配慮度合によっても変わりますので、専門的な判断が必要になります。

Q
てんかんで障害年金を受給しながら働いている人はいますか?
A

てんかんの方は、危険作業や車の運転が伴う仕事でない仕事に就き、職場の配慮を受けながら働いている方は多くいらっしゃいます。ピオニーでてんかんの障害年金受給をした方は、2級の障害年金を受給しながら働いている方も複数います。

Q
てんかんの大発作が年に1~2回のみなので、主治医からは障害年金は受給できないと言われました。
A

医師によっては、てんかんの発作は意識を失って転倒するような大発作しか認めないと言うことがあります。しかし、てんかんの発作は必ずしも大発作のみではなく、意識障害がない発作やミオクロニー発作のように様々な種類があります。また、てんかん発作がない時期には抑うつ状態や薬の副作用症状が強い方もいますので、大発作が少なくてもてんかんで障害年金を受給できる可能性はあります。

Q
現在、強迫性障害(もしくは不安神経症)と診断されているので、障害年金は受給できないと年金事務所で言われました。
A

強迫性障害や不安神経症のような神経症の病名は、障害年金の認定対象外の病名となります。ただし、精神病の病態を示している場合には認定対象となりますので、神経症で障害年金を考えている場合には社労士にご相談をおすすめいたします。

Q
現在の病名はうつ病ですが、初診日に通院していた病院では不安神経症と言われました。障害年金は受給できないでしょうか。
A

精神疾患は、最初に診断された病名と現在の病名が異なるケースはとても多いです。不安神経症とうつ病というように病名が違っていても同一の病気と見なしますので、障害年金が受給できる可能性は高いです。

Q
双極性障害ですが、入院したことがないと障害年金は受給できないのでしょうか。
A

精神の障害で「過去に入院したことがないと障害年金は受給できない」と答える社労士や年金事務所の担当者がいるようです。入院歴の有無は障害年金の受給において一切関係がありません。当サロンで受給できた精神障害の方のほとんどは、過去に一度も入院をしたことがない方です。

Q
発達障害の治療を受けながらフルタイムで働いています。働きながら障害年金は受給できますか?
A

発達障害の初診日に厚生年金の被保険者だった場合には障害年金3級がありますので、障害者雇用枠等で就労の配慮を受けながら働いている場合には障害年金を受給することは可能です。一般就労で明確な就労の配慮を何ら受けずに働いている場合には、「労働が著しい制限を受ける」程度であるとみなされないケースが多いです。