障害年金がもらえる障害の程度かどうかを認定する基準は、次のとおりとなっております。

1級の障害認定基準

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする症状が日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものとする。
この日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度とは、他人の介助を受けなければほとんど自分の用を弁ずることができない程度のものである。

例えば、身のまわりのことはかろうじてできるが、それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないもの、すなわち、病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるものであり、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね就床室内に限られるものである。

2級の障害認定基準

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする症状が、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとする。
この日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度とは、必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で、労働による収入を得ることができない程度のものである。

例えば、家庭内の極めて温和な行動(軽食作り、下着程度の洗濯等)はできるが、それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないもの、すなわち病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね病棟内に限られるものであり、家庭内でいえば、活動の範囲がおおむね家屋内に限られるものである。

3級の障害認定基準

労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとする。

また「傷病が治らないもの」にあっては、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものとする。
(「傷病が治らないもの」については、障害手当金に該当する程度の障害の状態がある場合であっても3級に該当する。)

障害手当金

「傷病が治ったもの」であって、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものとする。


上記の基本的な基準を踏まえながら、障害の部位ごと(眼の障害、聴覚の障害、鼻腔機能の障害、平衡機能の障害、そしゃく・嚥下機能の障害、音声又は言語機能の障害、肢体の障害、精神の障害、神経系統の障害、呼吸器疾患による障害、心疾患による障害、腎疾患による障害、肝疾患による障害、血液・造血器疾患による障害、代謝疾患による障害、悪性新生物による障害、高血圧症による障害、その他の障害)に具体的な基準が定めらえております。

例えば、ご相談が多い精神疾患については、「統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害」「気分(感情)障害」「症状性を含む器質性精神障害」「てんかん」「知的障害」「発達障害」に区分され、それぞれに具体的な認定基準があります。

さらに、精神の障害は「精神の障害に係る等級判定ガイドライン」という指針があり、公平な認定結果で審査されるようになっております。
しかし、障害の程度は症状以外の日常生活能力や労働能力によっても審査されますので、あくまでも総合判断です。